部門紹介

放射線科

必要最低限のX線で

放射線科では、患者様に安心して検査を受けて頂けるように心がけています。
それぞれの検査に応じて使用するX線量を調節し、必要最低限のX線で検査できるよう努めています。主な検査は、一般撮影検査(胸部・腹部、骨)、マルチスライスCT検査、X線TV装置を用いた胃や大腸などの消化管造影検査、MRI検査です。MRI検査・CT検査及び造影検査については、放射線専門医による読影レポートの作成を行い、精度の高い画像診断を行っています。
検査内容など、質問・要望がありましたら放射線科までお問い合わせください。

一覧へ戻る