専門外来

神経内科

外来担当医表診療変更情報

脳血管障害(後遺症)、神経変性疾患(パーキンソン病など)、末梢神経障害などの神経疾患全般の診療をしております。検査では頭部CTスキャン、脳波検査などを行っています。
担当医は日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本老年医学会専門医、日本内科学会専門医、アメリカ内科学会フェロー、日本医師会認定産業医ですので、内科学などの広い視野の上に立って神経内科疾患全般を診療するように心がけています。(日本神経学会代議員、日本神経治療学会評議員、日本末梢神経学会評議員、日本老年医学会代議員)

特色・特徴等(神経内科の病気について)

神経内科は脳、脊髄、末梢神経、筋肉の病気を内科的に診療する科です。神経内科の対象疾患は次のような病気です。脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)、神経変性疾患(パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など)、免疫性神経疾患(多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症など)、神経感染症(髄膜炎、脳炎など)、その他(糖尿病性末梢神経障害、てんかん、頭痛など)。
当院では神経内科疾患全般を診療していますが、主に脳梗塞、パーキンソン病、末梢神経障害の患者様が多く通われています。

診療内容(検査内容等)
次のような症状をお持ちの方が診療の対象になります。
手足の動きが悪い、力が入らない、歩きにくい、手足・口などがふるえる、顔がぴくぴくする、ふらつく、しゃべりにくい、 物が二重に見える、瞼が上らない、けいれんする、失神する、手足がしびれる、顔がゆがむ、頭が痛い。
精神的な症状、例えば不眠がひどい、神経がいらいらする、気分がさえない、不安感が強い、妄想や幻覚がある、物忘れがひどいなどの場合は、専門科(心療内科、精神科)へ紹介させていただくことがあります。
頭部打撲、頭部外傷、脳出血、くも膜下出血、脳動脈瘤、脳腫瘍などは脳神経外科外来で診ていただきます。
当院外来通院および入院患者様に関して身体障害者(肢体不自由)認定の申請書類を作成します。
検査は一般検査(血液・尿検査、レントゲン撮影、心電図など)と頭部CTスキャン、脳波検査などを行います。
一覧へ戻る