専門外来

心療内科

外来担当医表診療変更情報

(対象:うつ病 双極性障害 認知症 不眠症 精神科一般と漢方外来)
うつ症状のある方(認知症のうつ状態、産後うつ、更年期うつ、躁うつのうつ期も含みます)。うつ症状の診断には、問診以外に心理検査等がありますが、当外来では、頭のMRI、CTの検査も必要に応じて行っています。漢方薬も診療に取り入れています。

特色・特徴等

担当医は日本精神神経学会専門医 日本放射線学会診断専門医・日本心身医学会内科専門医 日本医師会認定産業医 認知症サポート医です。
所属学会は 他に日本東洋医学会、日本脳ドック学会、日本うつ病学会
精神科医、心療内科医、漢方医、放射線科医として 幅広い視点からの診療を心掛けています。

診療内容

下記の症状を診療しています

気分が沈み、悲観的に考える・無気力で、何をしても面白くない・集中力がない
物忘れが目立つ・イライラして怒りっぽい・漠然とした不安がいつも続いている
不安で外出が怖く、乗り物に乗れない・不安のあまりパニックになる
戸締まりや火の始末を何度も確認せずにいられない
物音や周囲の出来事にひどく過敏になる
体は不調だが、病院の検査では異常がない・不眠
初診の取り方
※完全予約制です。
 初診は30分~45分の予約枠です。
 (初診時に 現在服用のお薬がある方は薬手帳をご持参下さい)
再診も基本的には予約制です
再診の時間の変更はお電話で対応しています。
脳画像補助診断も活用しています。
一覧へ戻る