診療科目

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の専門スタッフによるリハビリテーションを実施しています。
患者様の症状に合わせた、適切なリハビリテーションを提供できるように、定期的にカンファレンス・回診を実施し、多職種と連携を取りながら身体機能の維持・回復を目指しています。
また、入院から外来のリハビリテーションまで幅広く対応しています。可能な限りお身体の回復をお手伝いし、持てる力を生かし、日常生活の獲得にむけ、取り組んでいます。
私たちは、患者様とのコミュニケーションを大切にし、安心してリハビリテーションを受けていただける環境づくりを心掛けています。
リハビリテーションを受けられる方やそのご家族、体の症状にお悩みの方など、お気軽にリハビリテーション科までご相談ください。

各療法の特色
理学療法
運動器・脳血管・呼吸器疾患を有する患者様を対象に、運動療法や物理療法を用いて、痛みの緩和や身体機能の回復、日常生活動作の獲得を目標に治療を進めていきます。
そのために、カンファレンスや回診を密に行うことで、多職種との連携を深め、技術向上に向けて勉強会の実施や院外研修などへの積極的な参加を行っています。
また、患者様の身体に合わせた体操指導や、ご家族への介助指導も積極的に行っていますので、お気軽にお声をおかけください。
作業療法
起居動作や、日常生活動作の回復過程に合わせて環境を整え、より快適に生活を送れるように治療を進めていきます。
一日の生活リズムを評価・相談し、食事や洗面などの動作を再獲得することや、社会復帰・趣味の構築など生活の中に楽しみを見つけ出せるよう努めています。
さらに在宅の患者様には、手すりの位置・形・高さ調節から家屋改造までの環境調整を、理学療法士と共同で取り組んでいます。
言語聴覚療法
「聴く」「話す」「読む」「書く」といったコミュニケーションの障害や、「飲み込み」の障害に対して、生活の不安を取り除くように治療を進めていきます。
一対一の個人訓練が中心ですが、食事前の口・舌の体操や姿勢調節を、理学療法士・作業療法士と共同で行い、食形態についての相談は、医師・管理栄養士など多職種と連携し、チームアプローチを行っています。
チームアプローチの実践

当院では、入院患者様に対し、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士と、医師・病棟スタッフ、他の専門職とが連携し、定期的にカンファレンスや回診を実施しております。多職種と連携を取りながら、身体機能の維持・回復を目指し、患者様の症状に合わせた、適切で効果的なリハビリテーションを提供できるよう取り組んでいます。

チーム回診
褥瘡回診
一覧へ戻る