kangobu.jpg 2030年には、我が国の高齢者人口がピークになると言われますが、このことは地域医療や在宅医療の必要性・重要性を更に増していきます。

当法人は、急性期・慢性期・在宅医療と、一貫したチーム医療を行っています。
プライマリケアの一端を担い、かつ専門性を提供することが今後の看護部の役割になると思います。
安心して過ごしていただけるよう、看護師の役割を果たしながら看護の専門性を発揮できるように取り組んでまいります。

また、私どもは患者様への安心と真心をお届けできるよう、まず人間としての思いやりや、暖かさ・社会人としての規律性、協調性などを備えた人間性豊かな「人」であろうと日々努力しております。

看護部長

kangobu-bar21.jpg

看護部理念
・私たちは、患者様の立場に立った優しさと思いやりの心で看護します。
・私たちは、チーム医療の担う一員として専門性の高い良質な看護を提供します。
基本方針
1.看護職員は医療に携わる専門職として自己研鑚に励み看護サービスの質の向上に努めます。
2.院内・院外の研修参加を通して基礎的な知識を深め、看護技術の向上を図ります。
3.地域に溶け込んだ安心と信頼の看護を目指します。

kangobu-bar3.jpg

一般病棟

3階病棟は一般病棟で混合病棟です。内科・外科・整形外科・皮膚科の患者様が入院されています。
地域に密着した病院を目指し、近隣の患者様はもちろん、クリニック等からの紹介入院も多くあります。
横浜市内に多くの施設があるため、高齢者の入院も24時間受け入れていますが、早期に施設へ戻れるようスタッフ全員で安全で温かい看護が提供できるように努力しています。
子育て中の看護師も多く、雇用条件も様々な中、アットホームな雰囲気でみんなで協力し合い元気に仕事をしています。

療養病棟

心穏やかに入院生活を送っていただけるように当病棟(2階・南)では、アロマやソシオエステ、レクリエーションを行い、入院生活に張り合いが生まれるように援助しています。
また、アントロポゾフィーのオイリュトミーやアインライブングなどで心の調和を図り、日々を過ごしていただけるように努めています。

外来

H25年3月にMRI装置の導入で、外来検査が更に充実してまいりました。上部・下部消化器内視鏡をはじめ、予約検査をスムーズに受けていただけるよう努力しています。地域医療を大切にし、安全・安心な医療そして看護が提供できるよう取り組んで行きます。

看護部教育

目的

専門職として、科学的・主体的な看護ができるよう人間性豊かな人材育成を目指します。

1.キャリア開発ラダーシステム運用
2.新人支援システム(プリセプター)
3.中途採用者への教育(ブランクのある方への支援)
4.キャリアアップについての協力支援

看護部の活動

各種委員会活動

中央の委員会である医療安全管理委員会、感染対策委員会に出席し、下部組織である看護安全委員会、看護感染委員会は、情報の共有をし連携をとっている。
褥瘡委員会、NST委員会は、医師・薬剤師・PT・OT・ST・管理栄養士などでチームを組み、看護師もチームの一員として活動しています。
各種委員会の紹介(クリックしてご覧ください)

チーム回診

患者様を中心としたチーム医療を目指し、医師・看護・介護・リハビリ・薬剤・栄養・相談員等、各部門の専門スタッフが参加してチーム回診を行っています。
情報の共有をその場で行い、各部門の専門性を発揮しています。

地域に向けての取り組み

・近隣の中学生の職業体験の受け入れを行っています。
・看護フェステバルを開催し、健康チェックを行うなど地域の方とのふれあいを大切にしています。

看護まつり

ベビールーム

共に歩んでいただける方、求めています!

当院では、その方の条件合わせた取り組みを行っています。

たとえば・・・

1. 仕事からしばらく離れていたので、なかなか復職の決心がつかない。
2. 育児中の方で、短時間のみ働きたい。
3. 定年を過ぎたけど、まだまだ現役で続けたい。
4. 日勤のみを希望。
5. 夜勤のみを希望。

もちろん常勤(2交代制)希望の方、大歓迎です!

採用情報はこちら