検査のご案内

レントゲン検査

一般撮影

当院の一般撮影装置にX線撮影装置とX線TV装置があります。
X線撮影装置では、胸部・腹部・骨などを主に撮影しております。
胸部は肺の状態や心臓の大きさを調べ、腹部は立位の状態では腸のガスなどの様子を見たりし、臥位では腎臓などの各臓器の様子や腎結石、尿管結石なども調べます。
また、全身の各部位の骨や関節を撮影します。より詳しく検査するために、同じ部位を多方面から撮影することもあります。
X線TV装置とは、X線を使って身体の中を透視し検査するための装置です。そのためにバリウムなどの造影剤を飲む胃透視検査や大腸の中にバリウムを入れて検査する注腸検査などで使用されています。その他、骨折した骨を元の位置に戻す整復術・腸閉塞を起こした時の、お腹に管を入れるための確認の検査・リハビリによる患者様の嚥下の状態を確認する検査などにも使用します。

一覧へ戻る