病院の紹介

院長あいさつ

当院は、昭和59年5月に先代の理事長である山本善三が開設致しました。私は先代の理事長の大学の後輩であり、その縁より当院に赴任し、以後院長職を23年間務めて参りました。
当院の所在地は開設当時は港北区でありましたが、16年前に人口20万人、平均年齢37歳という若い方の多い「都筑区」になりました。しかし、位置的には都筑区の北の外れで、日吉の山の上にあり、病院前の道を挟んで港北区、左を5分歩けば川崎市高津区という横浜市と川崎市の境にあります。
そのため、当院の患者様は、都筑区より港北区、宮前区、高津区の方が多い環境となっております。また、近隣の久末地区には築40年の市営住宅、県営住宅等が多数あり、高齢者の患者様も多く来院して頂いております。


院長 森下 哲也

当院は地域のかかりつけ医療機関として、急性期から慢性期、在宅医療まで総合的に診療しております。特に在宅医療については、サテライトクリニックを3か所、訪問看護・介護ステーション3箇所、通所施設2箇所開設と近年特に力を入れております。
今後も当院は地域の皆様にとってかかり易い病院として、地域医療に少しでも貢献できれば幸せと思っております。
また、私自身も、出身大学である東京慈恵会医科大学の学祖高木兼寛の建学の精神である「病気を診ずして、病人を診よ」という言葉を忘れずに、患者様の痛みがわかる暖かい心を持った診療を行って参りたいと思います。
今後とも皆様方のご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。